消毒が必要な理由|ノロウィルスを撃退できる消毒【消毒アイテムを確認しよう】
Virus

消毒の他にやっておきたいノロウイルス対策が知りたい!

消毒が必要な理由

散布機を使用する人

手の消毒と健康管理について

トイレの後や食事の前に必ず手を洗うのが基本ですが、ノロウイルス対策ができる薬用のハンドソープを使うと殺菌と消毒を同時に行ってくれます。また、このタイプのハンドソープは肌荒れしにくいため、手荒れに悩む人からも使われています。後は、エタノールの濃度が高い手指専用の消毒液も欠かさず使いましょう。口腔内の殺菌や消毒に貢献するうがい薬を始め、空気感染をブロックする高機能性のマスクも対策に使えます。

二次感染にはこれが良い

感染者の汚物を片付ける時に重宝するのがマスクや手袋、ガウンなどがセットになったものです。加えて、嘔吐物を固めてくれる専門アイテムも、菌が空中に飛ぶのを防ぐ場合に役立ちます。どれもネット通販で購入できるので流行る前にゲットしておきましょう。

ノロウイルスに関するギモン

感染した場合死に至りますか?

介護施設では、集団感染によりそのうちの一人が亡くなるなどの事例もあります。しかし、嘔吐物が詰まったり肺炎を引き起こしたりなど、ノロウイルスが直接的な原因になったとは言えない部分もあります。

嘔吐物を処理した場合、年のため検査した方が良いですか?

対策としてはとてもいいですが、症状が出ていないうちから検査をしても正確な検査結果が出ないこともあります。しかし自分が感染源にならないためにも検査キットを使って詳しく調べる必要はありそうです。

消毒で完全に防ぐことは可能ですか

100%防げるとは言えませんが、やっている場合とやっていない場合であれば前者の方が感染のリスクを大幅に下げることが可能です。ですから、効果云々以前に、消毒した方が安心だといえます。

手の正しい洗い方が知りたいです

手洗いが不十分になりがちなところは指先と手の間なので、そこに重点を置きながらしっかり洗いましょう。また、感染の危険が高まるトイレは出る前に、二度洗うことをおすすめします。後はエタノールなどで消毒すれば完璧です。

消毒液がない時はどうすればいいですか

近年は、手を差し出すと自動で出る蛇口や、せっけんも自動で出るタイプが多く置かれています。こうした触れない環境が作られている場所は、感染する確率を下げますし、消毒液もしっかり設置されています。

今後のために知識は備えておくべき

ノロウイルスは身近な菌なので、自分は大丈夫と無視するのはNGですよ。感染を防ぐ消毒液や、今後の対策に使える情報は、頭の隅に置いておきましょう。すると、ノロウイルスに対する対策を自然と行なうことができます。